技術委員会

厚生委員会

総務委員会

’08 活動内容

 5/30(金)~5/31(土)に今年で3回目になる研修旅行がありました。
今年は、去年と同じく三菱電機(株)様の協力のもと群馬県太田市にある群馬製作所に組合員18名、三菱電機(株)様2名、四電エナジーサービス(株)様2名の総勢22名で行きました。
 高松空港に集合し飛行機で羽田空港へ、空港から約1時間半程バスに揺られていざ群馬へ。工場へ着いてまず感じたのは、ここが工場なのかと驚く様な建物でした。移動中のバスで話は聞いていましたが、戦時中は戦闘機の零戦を造っていたそうで、今にも零戦が飛び出しそうな程の大きな建物と広大な敷地でした。
 大きな建物の中ではその建物の風貌とはうらはらに極めて細かく丁寧な作業工程によって、機械や人が動いており今年の2月に組合でエコキュートの勉強会があったことと皆さんの普段の業務からなる事前知識もあったため、熱心に担当者の話を聞きながら工場内を見学し、エコキュート及び電機温水器の足跡と有益性を勉強できたと思います。モノ創りの熱意と創意工夫、毎日の地道な作業から成る一つの製品に多くの人が携わり、完成し出荷されているものだと再認識させられました。
 また、全国的に見ても新築物件の半数以上がエコキュートや電機温水器を使ったオール電化住宅になってきております。
現在は、サブプライムローンやバイオエタノール燃料の影響で原油や食物、ありとあらゆるモノが値上がり傾向や高騰続きの中で、今後も原油高が続くのであれば、地球環境の面からしてもオール電化はもっと見直され、注目を集めるでしょう。
また、災害時の火災の心配からも、火を直接使わないオール電化は注目を集めています。
 今回の研修旅行の知識を皆さんの日々の仕事に生かしていけたらと願います。

               
                               担当厚生委員 渡邊 光一

【2008.05.30-31】 研修旅行(三菱電機㈱ 群馬製作所)

page TOP
三菱電機(株)群馬製作所について工場の説明を聞いている様子です。
朝の集合が早かったけれども皆さん熱心に説明を聞いていました
イメージ
展示場内の一部です。誰にでもわかりやすように展示されているように、感じました。
イメージ
工場内の見学を終え建物内の展示場所で説明を受けている様子です。
これで皆さん、エコキュートの知識は完璧のはず。
イメージ
一日目の夕食の様子です。お酒も入り話も弾んだことかと、若干はずみすぎた方もいたような…解散した後は、皆さんどこへ消えていったのかな?
イメージ
築地から浅草まで隅田川水上バスで移動中です。隅田川に架かる橋を見ていた方と一日目の夜の反省会をしていた方などいろんな方がいました。
イメージ
浅草寺で迷子を一人つれ雷門の前まで来ました。このあとは皆さんの協力もあり迷子もなく高松まで帰れました。二日間おつかれさまでした。
イメージ

 平成20年6月7日(土)に御殿浄水場にて第11回夕ぐれコンサート&花火大会の開催支援活動を行ないました。
コンサートで使用するテーブル、パイプ椅子の搬入、搬出、会場設営、撤去、駐車場のライン引き、露店の運営、花火大会の警備などを、昼12:00頃から夜10:00頃まで分担して行いました。
露店は前回と同じく綿菓子と風船ヨーヨーでしたが、やはり子供には人気があり子供の人だかりが出来ていました。花火大会も今年は500発と打ち上げる数を大幅に増やしていたので、至近距離で花火を見れる事もあり、かなり見ごたえがあったと思います。
会場設営が一段落してから2時間程の空き時間があったので、その間に親組合の役員さんと我々で川原にてバーベキューをしました。
その肉とビールが、あまりにおいしかったので、つい飲みすぎてしまう人も出ました。
後の活動をしっかりこなせたのでしょうか?
皆さん支援活動で疲れていたと思うのですが当日支援活動をしていただいた大多数の方が、翌8日の午前6時から花火大会等で出たゴミを拾ってくれました。
本当にお疲れ様でした。
花火打ち上げの途中でパラパラと少量の雨が降ったりしましたが、全体的には成功といえると思います。
支援活動に参加していただいた皆様、本当に有難う御座いました。

                                     担当厚生委員    高橋 知巳

【2008.06.07】 夕ぐれコンサート

page TOP
コンサート状況です。夜まではなんとか雨が降らず助かりました。私の歌声も聞かせてあげたいです。
え・・・。聞きたくない?・・・
イメージ
ヨーヨーつりと綿菓子の屋台です。
ヨーヨーつりをしているのが大人に見えるのは私だけ・・・。
しかしこの後子供たちには大盛況でした。
イメージ
夕ぐれコンサート翌日のゴミ拾いの状況です。
結構花火の落下物がちらかっていました。不発弾は無かったようです。朝早くからゴミ拾い参加有難うございました。
イメージ
 
 


組合員専用



’08年度 活動内容

【2009.01.17】
 新年会

【2008.11.08】
 ボランティア清掃

【2008.09.27】
 第5回四国サミット

【2008.09.18】
 経理講習会

【2008.08.08】
 納涼会

【2008.06.07】
 夕ぐれコンサート

【2008.05.30-31】
 研修旅行

【2008.04.05】 
 第6回通常総会

【2008.04.05】  第6回通常総会

第4回通常総会 集合写真
  平成20年4月5日(土)18時30分より水道組合
4階会議室にて第6回通常総会が開催されました。

 福田専務理事の議事進行により開会され、
部会長挨拶に始まり
 ・規約変更、
 ・平成19年度事業報告、
 ・平成19年度収支決算報告、
 ・平成20年度事業計画(案)、
 ・平成20年度収支予算(案)
 と審議され無事終了しました。
その後、浮田さんの卒業の挨拶があり、
高松での四国サミットの開催・研修旅行・
ホームページの立ち上げのことなど、部会長時代に
開催した事業を回想してお話しされていました。
その内容に「本当にお疲れ様」とみんな感じたと
思います。
これからも中井部会長を始め31名全員でがんばってやっていこうと心の中で決意を固めました。今回も部会員32名中(浮田さんを含む)27名での開催なので部会員全員出席での事業開催が出来たらと思いました。

総会終了後は、亀井町の御意にて懇親会が開催され、親会より中川理事長・高尾副理事長・浦川専務理事が御参加くださいました。そして顧問からは、広瀬氏ならびに安西氏が出席してくれました。懇親会での挨拶で中川理事長が今年度の水道業界はさらに厳しい年になるだろうと仰っていました。懇親会の楽しい時間の中でもその言葉が頭の中から離れませんでした。これからの高松市いや香川県いやいや日本全体がどうなっていくのだろうと本当に考えさせられました。
 政治の混迷、中国の飛躍的な発展、原油の高騰、世界での日本の位置づけは今後どうなって行くのだろうか?5年後の日本はいったいどうなっているのだろうか?
タイ・ミャンマー・カンボジアなど東南アジアのこれから発展が予想される国に移住したほうがいいんじゃないか?という意見を聞いたのを思いだします。

話がそれましたが、懇親会は毎度のごとく盛り上がり、おいしい料理とお酒を堪能され、さらなる親睦を深める事ができたんじゃないかと思います。

最後に総会及び懇親会が無事終了したことを報告いたします。

                                         担当総務委員  高尾 達也

 1月17日(土)19:00より高松市古馬場の「みるぽわ」にて平成21年最初の行事となる新年会を盛大に行いました。
 私自身、青年部会に入会して以来初めての担当行事という事もあり、この日を迎えるまで不安と緊張の毎日でした。
そんな中、参加者19名(コンパニオン6名)で開催しました。お酒や食事を楽しみながら会員の皆様との情報交換や意見交換など有意義な時間を過ごせたのではないかと思います。そして会話の流れの中で最も多く聞かれたのは不況による仕事量の減少です。皆様と話合う中で、私自身思ったのは皆同じ悩みや苦しみを持っているんだなぁと感じました。それらの事をふまえた上で日々、努力し精進していかなければならないという気持ちでいます。
 最後に新年会開催にあたって私をサポート、またアドバイスして頂いた会員の皆様本当にありがとうございました。私の不手際により皆様に迷惑をお掛けした事を残念に思います。反省し次の機会に活かせるよう心掛けたいと思っています。


                                担当厚生委員 吉森 紹浩

【2009.01.17】 新年会

page TOP
 平成21年の1月17日に古馬場の「みるぽわ」にて新年会を盛大に行いました。
 まず最初に部会長より新年のあいさつと今年1年の目標等を話していただきました。
イメージ
 安西顧問の合図での乾杯。
 これからが本番。待ってましたとばかりに料理・酒にガッツク組合員が殆どです(汗
学生並みのガッツキに店員さんもタジタジ・・・。
イメージ
 そこそこお酒も料理も堪能し、コンパニオンを含めての座談会。
○○が女の子を口説いている証拠写真がココに!!。
もぅ覚えてないなんて言えませんぞ。。。。
イメージ
あいにくの悪天候により、早明浦ダムでの清掃活動は中止。現在も試験湛水中の香川用水調整池へ。足元の悪い中、調整池の大きさにビックリでした。
イメージ
 水資源機構による渇水時の断水回避の為に三豊市に設けた香川用水調整池(宝山湖)。
有効貯水量は305万トンで来春からの本格運用を目指しているそうです。
イメージ
香川用水の源である早明浦ダムから池田ダム・吉野川を経て阿讃山脈を抜けて香川に届く水。香川用水が出来るまでとその背景を香川用水記念公園(水の資料館)で学びました。
イメージ
page TOP

【2008.11.08】 ボランティア清掃

 今年で5回目となる、青年部水源地ボランティア清掃は昨年と同様に早明浦ダムで行う予定でした。
しかし、残念ながら雨が降ってしまい早明浦ダムでの清掃活動は中止になり、変わりに水に関する施設見学を行うことになりました。
まず最初に、香川用水調整池を見学しました。この調整池の役割は、香川用水の水を一時的に貯留し渇水時や大地震などの不測の事態の時に、調整池の水を補給し活用する役割を持っています。総事業費は255億円でもうすぐ完成の予定だそうです。次に、香川用水記念公園(水の資料館)を見学しました。ここでは、香川県の水の歴史について勉強しました。
昔、香川県では水を確保するために、たくさんの争いがあったそうです。今でも農業用水に関しては争いがあると聞きます。それだけ、香川県にとって水は大事なものなのだと思いました。
 私達青年部員はこの香川県にとって大事な水にたずさわる仕事をさせてもらっております。仕事をきっちりすることも大事なことですが、「今でこそあたりまえに使える水」の歴史や重要さを香川県民に伝えていくことも仕事の一部ではないかと思いました。 そして、みんなが水の尊さを大事に思うことが出来た時、ゴミを捨てる人がいなくなるのではないかと思います。将来、ボランティア清掃をしなくても、きれいな池や川や海になったらいいなぁと思いました。

                                        担当厚生委員 藤澤 勇武

皆さんご存知の五十嵐会長です。毎回の事ですが全国各地へ飛び回り、来賓や代表としての挨拶・総括等、本当にいつもお疲れ様です。
イメージ
グループディスカッションの最中です。限られた時間内でいかに掘り下げた内容に辿り着けるか。事前に案を取り纏めていたのは高松だけした。その分評価も高かったですけど。
イメージ
事業副部会長の加藤様です。
京都から遥々ルパン三世並みのマイカーにて参加頂きました。
会の審議と平行して車の話題も豊富に上がっておりました。
イメージ
page TOP

【2008.09.27】 第5回四国サミット

  9月27日に高知市の管工事会館にて第5回四国サミットが開催されました。
我が青年部会からは5名の出席で、五十嵐部会長や加藤事業副部会長を来賓に迎え、高知の若葉会の方が中心となり総勢30名程で会が進行していきました。
今回のメインテーマは『エコ』という事と四国4県を一回りした後の5回目という事から、まず『四国サミットの歩みの紹介』から始まり、講演会では高知エコデザイン協議会 副会長の上田道秋様に『生物パターンとエコ社会システム』について講義して頂き、野生動物の生態系とエコを目指す社会システムはいくつもの共通箇所がある事を知りました。
 その後、休憩を挟みテーブルディスカッションに移り、『無駄をなくすために、どのような工夫をしているか?』について話しあいました。高松案として空調機の取替えを勧める事によって、電気代の節約を進め、さらには顧客獲得にも繋がるので良いのではないか。他にも省エネ商品の推進によるエコや廃材のリサイクル、交通手段の変更等による各自の意識改革(着眼点の変更)が必要である等、活発な意見交換がなされこの厳しい情勢の中で節約しつつ効率を上げる努力を常に模索してる様が皆さんからヒシヒシと伝わってきました。
 その後は会場を移しての懇親会。いつものごとく県をまたぎ賑やかな会となりました。また今回はハシケンという高知の宴会の席でのお遊びを参加者全員でトーナメント戦を行い、なかなかの好成績を収めた人もいたとか。
 なにはともあれ、2周目に突入した四国サミットを今後どういった方向性で進めていくのかという課題を今後に残しながらも酒に飲まれつつ高知の深い夜は更けていったのでありました。
最後に・・・大ちゃん!!!餃子ウマかったっす。

                                                 担当理事 友澤 幹知

四国サミット参加者による集合写真です。会場は高知市管工事会館。講演会・グループディスカッションを終え、気持ちは既に懇親会でしょうか・・・。
イメージ
 これがイワユル箸拳(ハシケン)風景です。箸を使って数を当てあう遊びで高知県に伝わる伝承遊戯だそうです。初めての箸拳でも事を大きくしたのはこの人。。。
イメージ
宴もたけなわですがとの中締め後に高知市管工事設備業協同組合の理事長・副理事長も含めての記念撮影。既に酔っ払いの連中もチラホラ。中には●●な人もいたとかいないとか。
イメージ
 昨年に引き続き、今年も生駒先生にお世話になりました。
 ヤラなきゃと思いつつも疎かになりがちな会社の経理把握・・・。
今回は大筋な会社の在り方をご教授頂きました。
イメージ
 スクリーンを併用しての講習会。
やはり、たとえプリントと同じ内容であったとしてもスクリーンを見ながら納得しながらだと皆さん食い入るように取り組んでいますね。
イメージ
 実際の会社約款を見せて頂き、会社経営のあり方、経営計画の立て方はどの様に勧めていくのか。また、自社の概要から具体的な売り上げ目標を算出し、いかに進めて行けばよいかをご講義頂きました。
イメージ
page TOP

【2008.09.18】 経理講習会

平成20年9月17日(水)19:00~21:00の約2時間、生駒学講師によります経理経営講習会を生駒学税理士事務所にて開催いたしました。前回から4名増の17名の参加で、「会社経営のあり方、経営計画の立て方」という、青年部会員にとって重要なテーマで講義していただきました。経験の少ない我々が、会社経営、経営計画を行うには経験豊富な体験者から話を聞き参考にするということが非常に重要であることを再度認識しました。また、日頃見慣れない為今までは敬遠しがちであった決算書に対する見方・考え方をわかりやすく大きな枠に分けて、どのようにして会社が必要とする売上目標を算出し、計画を立てていけば良いかを実際自分で簡単な計算を行いながら勉強でき、非常に参考になりました。今後の会社経営を行うにあたっての貴重な講義であったと思います。前回に引き続き御多忙のところを講習していただきました生駒学先生ならびに事務所の皆様、誠にありがとうございました。今回の講習会で学んだことを実務の中で生かせる様がんばっていきたいと思います。


                                             担当技術委員 片岡利貢

page TOP

【2008.08.08】 納涼会

  平成20年8月8日、青年部会の納涼大会。
 この日はちょうど北京オリンピックの開催日!
 世間では北京オリンピック開催に大盛り上がり!!
 各部会員が忙しい中、なんと35名中23名が出席していただくことができました。
 どうもありがとうございました。m(___)m
 まだまだ不況が続いていますが、そんな先行きが不安な中、各自今後の対応や様々な意見を出し合うなど、有意義な時間が作れたと思います。
 まあ仕事の話ばかりではあまりにも堅苦しい場になってしまいますので、後半は各々趣味やその他?の話でも、かなり大盛り上がりしていましたが…(笑)。
 これからも青年部会が盛り上がっていけるように、様々な場を設けながら、みなで頑張っていきましょう!!!


                                        担当厚生委員 山田 俊行

イメージ
 宴も終盤をむかえ、この頃には既に記憶喪失も方も居られたとか・・・。昨日、店出てから何処へ行ったや?や昨日、俺どぉやって帰ったか?なんて連絡は当たり前の様にあります。
 それでもその時はそんな素振りは見せずに上機嫌。
いつまで覚えてるか分らないから対応が難しい。
 酒・肉・野菜がテンコ盛りなテーブルの上、おまけにタバコの煙で靄までかかってる始末。
明らかに不健康そうな風景でも当人たちはお構いなし。おいしい料理と酒があれば話はいくらでも進む。ついでにタバコも・・・。
最近、喫煙者の肩身は狭いな・・。
イメージ
本日は北京オリンピックの開会式!! 暑さ疲れを吹っ飛ばす納涼会なのに、幹事による会の進行中なのに携帯で開会式を見てたのは誰だ!?
とか言いつつも自分も気になってたりして・・・。
イメージ