前年度はできませんでしたが、今期11月13日(金)仲見世にて異業種交流会の方を 執り行うことができました。今回も香川県電気工事業工業組合青年部会高松支部さまと 異業種ですが現場ではほぼ立場的に同じ境遇の方達と交流を深めることができました。
電気工事、水道工事は昔に比べるとずいぶん立場が良くなってきたとはいえ やはり、弱い部分も多々あると思います。
年々景気の方が悪くなり、非常に厳しい業界の中で生き残っていくなかで この業種間で太い繋がりや信頼関係ができれば、結託して立ち向かって いく事もできると思います。(どこに立ち向かっていくねん・・・)
一緒に仕事をすることもあるでしょう。
その為の交流会ができたと思います。
途中、余興としてコンパニオンさんとのゲームもあり、大変盛り上がりました。
毎年、このような交流会を行い相互の深い繋がりができればと思いました。

                                              担当理事 : 福田 融人

【2009.11.15】 異業種交流会(香川県電気工事業工業組合 青年部会 高松支部)

page TOP
異業種交流会ということで、業種を越えての交流会。今回は高松で電気工事をされている方との交流でした。水と電気切っても切り離せない間柄ですね。
イメージ
同じ設備業として、顔見知りの方や初めてお会いする方も居ましたが、そこは酒の席。お姉ちゃんを挟んでいつも以上に弾みましたか・・・・。
イメージ
こちらは各会の重鎮たちが集う席。お酌をするのにも緊張が走る面々ですが、後のフィーリングカップルゲームでは大いに盛り上がったこと。
イメージ

’09 活動内容



   組合員専用



’09年度 活動内容

【2010.02.18】
 電気工事講習会


【2010.01.16】
 新年会


【2009.11.15】

 異業種交流会

【2009.11.07】
 ボランティア清掃

【2009.10.31】
 第6回四国サミット

【2009.10.15-16】
 研修旅行

【2009.09.04】
 ゴルフ講習会

【2009.08.01】
 納涼会


【2009.06.06】
 夕ぐれコンサート

【2009.04.17】
 テーブルマナー講習会

【2009.04.11】
 四国四県合同親睦会
    (ゴルフ大会)

【2009.04.04】
 第7回通常総会
総務委員会

厚生委員会

技術委員会

製作工程において
 

  青年部会、待望の納涼会の開催!
暑さの続く中、皆様のご参加、誠にありがとうございました。
ただ、約半数ほどしか参加して頂けなかった事が、残念ではありましたが・・・。
さて、まだまだ不景気な世の中が続いていますが、この機会に様々な意見交換や趣味の話等を交えながら、皆様が有意義な時間をともに過ごせたと思います。
ほとんどが趣味の話で盛り上がってたかもしれませんが・・・(汗)。
これからも、まだまだ大変ではありますが、皆様ともども頑張りましょう!

                                              担当 : 山田 俊行 厚生委員

【2009.08.01】 納涼会

page TOP
鈴木部会長の挨拶ですが、今か今かと喉を鳴らしビールに手が伸びていた方もチラホラ。。。
そこをグッと堪えるのが男でっせ。
イメージ
まちに待った乾杯の時、この直後特大ピッチャーが一体いくつ運ばれてきたのやら。
しっかり飲み干してから席を立ちましたがね。
イメージ
青年部会員の友澤氏にご子息が産まれたそうで、鈴木部会長から心ばかりのお祝いが手渡されました。
そのお祝いはどこへ消えたのだ?
イメージ
朝6時から周辺の清掃風景。これこそ‘ボランティア清掃’では。夕暮れコンサート=花火大会=翌朝のゴミ拾い。この公式は崩せそうに無いなぁ〜。
イメージ
こちらも恒例となっている露店運営。チケット制とはいえ無料の効果絶大。長蛇の列。来年からは露店を増やさねば・・・。
イメージ
恒例となったコンサート風景。耳ではコンサートの音色を楽しみ、肌ではそよ風を感じ、目では大正ロマンを感じさせる水道資料館が夕闇に染まっていく様子は感慨深いものが。五感が研ぎ澄まされる感が。
イメージ
page TOP

【2009.06.06】 夕ぐれコンサート

  今年で開催12回を迎えた‘夕暮れコンサート’。私達青年部会員がこの事業のお手伝いをするようになりまだ数回ですが、回を重ねる毎に来客者の増加が感じられます。
 御殿浄水場内で行われるコンサート。それをチラ見しながら露店(綿菓子&ヨーヨー釣り)運営。
無料という事もあり、コンサートそっちのけで長蛇の列ができる事も・・・。
 コンサートともう1つの目玉となっているのが、花火大会!打ち上げ花火を身近に感じられる事もあり、こちらも多数の来場者が訪れ、花火を楽しんでいたようです。
 翌日の早朝より行いました清掃にも多くの部会員の参加をいただき、大変助かりました。この作業状況を見ていると、秋に行っている‘ボランティア清掃’と見間違えるほどでした。

                                                三誠設備工業㈱ 三島

清掃完了後の記念撮影です。石碑には「四国のいのち」と書かれています。香川県でも香川用水を通って皆さんの口にも届いていると思いますよ。
イメージ
自分達が動いている時は夢中でしたが、いざ振り返ってみると落葉だらけの道路がみんなの協力によりゴミひとつない道路になりました。
イメージ
ほうきや、合板で作った道具で道路の落葉やゴミを清掃しました。。
これがまた結構体が温まるんですよ。
イメージ
page TOP

【2009.11.07】 ボランティア清掃(早明浦ダム)

  今年で6回目となる、青年部水源地ボランティア清掃は例年同様 早明浦ダムにて11月7日(土)に行いました。
昨年は、雨のため水源地の見学にとどまりましたが、今年は天候に恵まれ清掃を行うことができました。
高松市水道局主催の早明浦ダムボランティア清掃に同行させて頂き、水道局、一般公募の皆様などといっしょに現地へむかいました。 現地は案の定、落葉でいっぱいでした。毎年のことなのであまり驚かないのですが、清掃中に段々と驚かされることがでてきました。
それは、空き缶や包装ビニール等の生活ゴミがほとんど見当たらないことでした。観光などで訪れた人々も自分のゴミは自分達で持ち帰り、環境のことをしっかりと考えてきているのだなあと感じました。
 私自身、最近では缶ジュースのプルタブを集めたり、コンビニでは出来るだけ袋を貰わないように気をつけております。とても些細なことで、胸を張れる程の事ではないのですが、こんな些細なことを続けてきた結果、私自身の環境に対する意識はかなり変わりました。最近、耳にしない日はないのではと思うくらいの『エコ』という言葉。それを自分なりに今出来る事を積み重ねていく内に人の意識は自然と変わっていくものだと感じる今日この頃です。
 皆様も、小さな事からでも構いませんから日々の生活の中で何かを通して環境のことを考えて、環境に対する思いやりを持って頂けれは、今よりももっと人間どうしに思いやりが生まれて良い世の中になっていくのではないかと思いました。

                                                          担当 : 藤澤 勇武 厚生委員

2日目の目的地でもある京都の関西電力様のショールームです。こちらではオール電化の製品が展示しており、実際に見て触って体験することでより身近に電化ライフを感じました。
イメージ
現地の担当者から製品誕生の経緯や製作工程において工夫している箇所、また厳密な検査の過程を経て製品が完成し発送されている事を勉強しました
イメージ
岐阜県にある三菱電機㈱の中津川製作所の『風と空気、水と光』をコンセプトにした機器製作過程を見学しました。
イメージ
page TOP

【2009.10.15-16】 研修旅行(三菱電機・中津川製作所)

 第4回研修旅行を10月16日(金)~10月17日(土)に実施しました。
一日目は、バスで岐阜県中津川市にある三菱電機株式会社中津川製作所様の工場見学をさ
せていただきました。
中津川製作所では、到着後まず研修室にて製作所の概要説明をうけ『風と空気、水と光
の中津川へ』といった目標をもち日々制作づくりに取り組んでいると教えていただきました。生産品目としては、換気扇、全熱交換形換気機器(ロスナイ)、有圧換気扇、空調用送風機、温水暖房、ハンドドライヤーなどを制作しており、その過程の説明をしていだだき工場の制作のながれを見学させていただきました。その後工場見学を終え名古屋市内で宿泊しました。

二日目は、朝からバスに乗り名古屋~京都まで移動し関西電力様のショールーム(はぴeライフスクエア京都)を見学しました。一日目で見学し学んだものが実際の生活空間の中に展示してあり手で触れて学び、どのような形で対応しているかを知りました。
その後、三井アウトレットパークマリンピア神戸で買い物し高松に帰りました。
 二日間を振り返って感じたこと学んだことは、呼べなかったと知った後のTさんの怖さを知り、今後はこのようなことがないようにしなければならないと学びました。

二日間本当にお疲れさまでした。

                                                           担当理事 渡辺 光一

来賓として来ていただいた全管連の加藤会長を迎えての懇親会です。
相変わらずのパワーとマイカーに同席した一同(お姉ちゃん含む)もタジタジでした。
イメージ
四国四県の各部会長が四国アイランドリーグにちなんだカラーのタスキを引っさげ、いざ出発の儀式です。
第一走者が案外一番しんどかったかも。
イメージ
今回で第6回となった四国サミット。
四国から全国へECOを発信するというコンセプトから自転車に乗ってしまなみ街道をタスキリレーをする企画でした。
イメージ
page TOP

 10月31日(土)に愛媛県は今治市にて第6回 四国サミットが開催されました。
高松からは、鈴木部会長をはじめ吉森理事、友澤理事、高木理事そしてわたくし高尾の5名で参加させて頂きました。
今回は、前年の四国サミットのメインテーマでもありました『エコ』を引き継ぎ、サブタイトルを『eっcoらしょ2』、そして自転車に乗って四国からエコ発信!!という事で、前回までの主要内容でもありました講演会やディスカッションといった室内での会議形式ではなく、自転車で今治から多々羅しまなみ公園の間(5区間)をリレーし、広島県の全管連会員にたすきを預け全国の青年部にエコ発信というものでした。
先ず、各県の部会長が第一区間の出発場所でもありますサンライズ糸山から来島海峡第三大橋を渡り約7.0キロ先のよしうみいきいき館を目指してスタートしました。
当日は大変天気も良く、しまなみ海道から見える瀬戸内の景色はとても素晴しいものでした。
海に浮かぶ島々、気持ち良さそうに空を舞う鳥たち、顔を優しく撫でる潮風、そうしたものが
毎日の殺伐とした日々を忘れさせてくれるそんな気がしました。そしてこの素晴しい景色をいつまでも守っていくことがエコにも繋がっていくのではないかと思います。
その後、第二区間のわたしにたすきが渡され吉海中継所までの約5.0キロを走りました。
普段の生活では自転車などまったく乗っていないので、少々不安だったのですが他県の青年部の方と仕事のことやプライベートのことなどを話しながら走っていると意外にもあっさりとゴールすることが出来ました。(距離が一番短かったのが良かったのかも??)そして自転車の良さを改めて再確認することが出来たのも大きな収穫ではないかと思います。
第三区間は吉海中継所から大島大橋までの約6.5キロ、第四区間は大島大橋から大三島橋(南詰)までの約6.5キロ、第五区間は大三島橋(南詰)から多々羅島しまなみ公園までの約5.5キロを
走破し、広島県の全管連理事でもあります福田氏に無事たすきを渡すことが出来ました。
福田氏には、このたすきを次の青年部に渡していただき、四国からのメッセージを全国に発信していただくことをお願いして多々羅しまなみ公園を後にしました。
その後、今治市内でも一際目立つ今治国際ホテルに移動し、来賓に全管連青年部協議会の加藤会長を迎え懇親会を盛大に開催しました。
懇親会の内容は言うまでもありません、いつものように大いに盛り上がり、美味しい料理にお酒、さらには綺麗な女性と、皆さん大いに堪能されたと思います。
来年は香川県での開催予定です。まだ具体的なことは全く決まっていませんが、「更なる懇親を」深められるような形で出来たらと思っております、その時は皆さん一緒に頑張りましょう。
                                                           担当理事 高尾 達也

 平成21年9月4日(金)19:30から約2時間、上佐ゴルフセンターにて日本ゴルフ財団公認インストラクターの谷 信也氏によるゴルフレッスンを開催しました。今回、技術委員会初となります内容の講習会でしたが17名の方に参加していただき、指導を受けました。
また今回初めてゴルフに接する会員もいましたので、グリップの握り方、アドレスなど基本から熱心に指導を受けていました。また、
経験のある会員は、自分の気になる点やプロの目からみた注意すべきところなどいろいろ指導していただき大変参考になったと思います。自分では気が付かないスイングのおかしなところや、体全体の使い方などが理解できたように思います。初心者の会員の方は熱心に白球を打ち込んでいましたので次の日は全身が筋肉痛で大変だったのではないでしょうか。これから会員の方々は会社を背負っていく中で、仕事での付き合いなどでゴルフをする機会がふえてくると思いますが、今回の講習会がよいきっかけになったのではないかと思います。最後に今回熱心に指導して頂きました谷プロならびに、
快く会場使用を了承して頂きました利國支配人にはこの場をお借りしてお礼申し上げます。

                                               担当委員 片岡利貢

page TOP
宇佐ゴルフセンターの谷氏からゴルフと向きあう時の姿勢であるとか本日の講習内容についての説明を受け、いよいよゴルフレッスンの開始です。
イメージ
まずはクラブを持たずに体をほぐす意味と実際のスイングのイメージを固めながらの素振りです。意識の持っていき方や姿勢についてもアドバイスを頂きました。
イメージ
いよいよクラブを握って実際に打っていきます。先ほどのアドバイスを頭に無理をせずに体を回すこと。必ずしも教科書どおりではなくても構わないというスイングに目から鱗も。
イメージ

 今回は技術講習会として、4月17日(金)に高松国際ホテル本館1階「ぐりる屋島」にて社団法人日本ホテル・レストランサービス技能協会認定 西洋料理テーブルマナー講師の岡林 誠先生にお願いして西洋料理に於けるテーブルマナー講習会を開催しました。
当初は、初の試みもあり参加人数等不安な面もありましたが、20名と多数の参加があり盛大に開催することが出来ました。
知っているようで知らない・・・、分かっているようで分かってない事が沢山ありすごく勉強になりましが、次回はノンアルコールではなくワインくらいだしては・・・?えらいことになるかな?
昨年、友人とフランス料理に行ったときは何も分からず御箸もらいましたが、次回は今回の講習を生かして愉しみたいと思います。
料理のほうもさすがは天下の国際ホテルとあり、すごくおいしかったです。
青年部会よりの補助もあり¥2,000-でおいしい料理を食し、普段身につける事が出来ないマナーを学べて大変好評でした。
次回も開催すると良いと思います、和式もあるらしので。
岡林講師ならびに国際ホテルの皆様、今回は貴重な体験をさせて頂き誠にありがとうございました。
今回だけに限らずオフィシャルでもプライベートでも、国際ホテルを今後も利用させて頂こうと再認識した講習会でした。

                                          担当 : 織田 将男 技術委員

【2009.04.17】 テーブルマナー講習会

page TOP
まず初めに本日の講習会の趣旨及び流れを担当委員の織田さんにお願いし、本日の講師の紹介です。
予想以上の反響で参加人数も多く恒例になりそうな予感。
イメージ
ここで西洋料理テーブルマナー講師の岡林誠さんの登場です。
岡林さんは技能協会認定の日本料理食卓作法講師も取得され我々の素朴な疑問から真髄までの話を分りやすく解説していただきました。。
イメージ
さて、これからが本番!
『実食!!!』 アルコールが無いのが辛いという声がいたる所で上がるくらい、堪能しきりたい料理ばかりでポケットマネーでも良いからワインを・・・。と言う方も(汗
イメージ
  平成21年4月4日(土)18時30分より
水道組合4階会議室にて第7回通常総会が
開催されました。
福田専務理事の議事進行により開会され
(出席者数23名・委任状出席8名)、
中井部会長の挨拶に始まり
  平成20年度事業報告
  平成20年度収支決算報告
  青年部会役員選任
  平成21年度事業計画(案)
  平成21年度収支予算(案)
と審議され全て承認いただき無事終了しました。

役員選任の件では中井部会長が退かれ、
新たに鈴木氏が新しい部会長に選任され
承認をいただきました。
また、青年部設立当時から役員として尽力して頂いた松浦氏及び井上氏も平成20年度をもって役員を退かれ、新たに吉森氏及び高木氏ならびに渡邊氏の3名が役員に選任され承認いただきました。
この事により中井氏が目標に掲げていた「若年層の事業運営参画」も大きく前進出来たのではないかと思います。
 その後、報告事項において大数賀氏の卒業そして北風氏の退会の報告があり大数賀氏が卒業の挨拶をされました。
北風氏の退会においては青年部会設立当時からの仲間であり、役員としても尽力していただいた時もあったので非常に残念に思いました。
引き続き、鈴木新部会長の挨拶があり、今後の方針及び抱負を述べられまして、第7回通常総会を閉会いたしました。

総会終了後は、鍛冶屋町の「食の都 新」にて懇親会が開催され、私の覚束ない司会で始めさせていただきました。
親会からは中川理事長をはじめ高尾副理事長ならびに浦川専務理事の三役の皆様に御出席いただき、総会終了の報告をさせていただきました。
顧問及び相談役の皆様には、都合により出席していただける方が居られなかったのが残念ではありましたが、美味しいお酒に料理に、そして気の合う仲間と談笑して更なる親睦を深められたのではないかと思います。
又、中締めの際に中川理事長より香川県も各市町村の水道組合との連合になるだろうと言うお話があり、今まで以上に、私たち青年部会が一致団結して他の市町村の青年部を引導していけるようにならなければならないと思いました。その為には青年部会員の事業への全員参加、委員会制での仕事の割り振りなど、まだまだ課題とする所が有りますが、部会員一人ひとりのちょっとした頑張りで直ぐに達成できるんじゃないかと思いました。
最後に総会及び懇親会が無事終了したことを報告いたします。

                                         担当 : 高尾 達也 副部会長
第4回通常総会 集合写真
真剣なゴルフもあり、こんな楽しいゴルフもありと、四国は一つとイワンばかりの和気藹々のポーズですね。
ハテさて、気になるスコアのほどは・? それは聞かないで・・・(汗。
イメージ
この中から一体誰が優勝し、賞品を手にするのでしょう?
精悍な面持ちの中で一体どれだけの闘志を燃やしていたのでしょう・・・・?
イメージ
名門と呼ばれる鮎滝カントリークラブに集合し朝一の挨拶及び本日のルール等の説明風景です。
まだまだ皆さん緊張な面持ちで意欲が感じられました。
イメージ
page TOP

【2009.04.11】 四国四県合同親睦会(ゴルフ大会)

 平成21年4月11日(土)に香川・愛媛・高知の青年部会の会員が集まり、鮎滝カントリークラブにて親睦ゴルフ大会を開催しました。当日は、天候にもめぐまれ最高のゴルフ日和の中総勢31名でのラウンドでした。
ゴルフを始めたばかりの人から、ベテランの方までもが自分の打ったボールの行方に一喜一憂し、楽しいラウンドが出来ました。
思うようなスコアが出た人・まったくもってダメだった人・ミラクルの様なスコアが出てビックリしている人、それぞれの想いを胸に鮎滝をあとにて一時解散、後の懇親会へ向け仕切りなおし、デルタマーケットにて懇親会を行いました。
ゴルフ大会に出場できなかった方も参加し、愛媛の佐藤部会長の挨拶で始まり、各県の会員の皆さんが今までにも増して親睦を深めれたように思います。(中には女中さんとばかり懇親を深めていた方もいましたが)
高知の西川部会長の中締めで、またこのような懇親会が開催することを誓い今回の懇親会を終了しました。

                                                           担当 : 片岡 利貢 技術委員

 
 

  今回の技術講習会は水道工事と切っても切り離せないような(どろどろの恋愛模様のような)関係の電気工事について講習を行いました。
出席者は13名で講師は雇用能力開発機構センターの後藤先生にお越し頂き約2時間の電気工事・工学についての講習を行いました。
内容としましては簡単な電気工事の基礎知識、電気の流れ方、スイッチ、コンセント回路の配線・結線方法などを行い、本来ならば6~8時間の講習を要するところでしたが時間の関係により要所のみを抑えての講習となりましたが先生のご指導もわかりやすくとても中身の濃い講習となったと思います。
本来なら簡単な電気工事も電気工事士の資格が必要です。もし無資格で事故でもおきれば大変な事になります。建設工事に携わる方はぜひ電気工事士の資格を取ってみてはと思わせる講習とだったと思います。
ちなみに6月に筆記試験7月に実技試験があるそうです。持ってない方は早速ユーキャンに電話しましょう♪

                                              不二設備工業 安藤  愼男

【2010.02.18】 電気工事講習会

page TOP
雇用能力開発機構センターの後藤先生を迎え、電気工事講習会です。
まず初めに鈴木部会長より皆さんへの挨拶です
イメージ
いつもと勝手の違った作業に皆さんアタフタ。
慣れないナイフを持っておぼつかない手付きなが四苦八苦(汗
イメージ
電源からスイッチを通って照明までの結線が出来て、ランプに明かりが灯った所です。
講習会とは言え、一安心。。
イメージ
こちらは各会の重鎮たちが集う席。お酌をするのにも緊張が走る面々ですが、後のフィーリングカップルゲームでは大いに盛り上がったこと。
イメージ
同じ設備業として、顔見知りの方や初めてお会いする方も居ましたが、そこは酒の席。お姉ちゃんを挟んでいつも以上に弾みましたか・・・・。
イメージ
異業種交流会ということで、業種を越えての交流会。今回は高松で電気工事をされている方との交流でした。水と電気切っても切り離せない間柄ですね。
イメージ
page TOP

【2010.01.16】 新年会

 1月16日(土)19:00より大工町の「隠れ家大黒や」にて平成22年青年部会の新年会を参加者多数にて盛大に開催できました。
私自身、初めての担当でしたが、いろいろと皆さんに助けてもらいながら、無事行うことが出来ました。
参加者21人(コンパニオン8人)で食事、お酒を楽しみながら、不景気なこのご時勢を乗り切るために明るい話題などに花を咲かせ、今年の活動のなどの活力元になったのではないのでしょうか?
それでは皆さん今年も四国サミットなどいろいろありますが、がんばっていきましょう。
最後にお店の方がたには、料理は品数も多くみんなお酒が入っていたため、食べ残しもありましたがとてもおいしくいただき、ありがとうございました。
                                                 ㈲ケイテック 木村典雄